司法書士とランニング

私の趣味はランニングであるが、主にマラソン大会において、司法書士として気になる点が3点ある。

1 マラソン大会の約款・規約に疑問がある。
 → すなわち、キャンセル時期を考慮しない代金不返還特約である。消費者契約法に抵触する可能性があるのではないかと考えている。

2 マラソン大会の参加費の使途に疑問がある(大会もある)。
 → ランニング人口の急増を受け、年々、大会数が増え、人気大会はエントリー料がアップしているが、その使途が明らかとなっていない。また、明らかにすることを求める権利も、ほとんど保障されていない。

3 トレイルランの環境づくり。
 → 森林、山林を走るためには、所有者の承諾を得る必要があるところ、森林、山林は相続登記未了などで、所有者が不明となっているものも少なくない。

 走る司法書士として、これらの点について動く必要があると考えている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ