スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍の出版をするまで

先日、電子書籍を出版した。



今までに出版社から書籍を出したことはあったが、電子書籍で出したのは初めてだ。
思いのほか気軽にできたので、要領を書き記しておこうと思う。

ポイントは3つ。
1 文章の起案
2 電子書籍化への対応
3 表紙の作成

もっとも重要なのは1であり、文章さえ整っていれば、技術的な2や3は1日で済んでしまう。
なお、文書作成は、キンドルでの出版であれば、ワードで問題ない。行数や空白も特に意識する必要はなかった。

2については、目次や関連用語のハイパーリンク付けである。文章内やウェブにリンクを貼るという電子書籍ならではの作業である。工夫次第で、書籍とは違った魅力が出せるだろう。

3は、一定の要件に従って、表紙を作成するのだが、ごくごく簡単なもので良ければ、ワードとペイントで作成してもよいし、電子出版として、とりあえず出版することが目的であれば表紙が無くても出すことは可能である。

おそらく、皆さんが想像しているよりも、はるかに簡単に電子書籍を出版することができるので、ある程度まとまった文章のストックがある方は、すぐにでも挑戦してみていただきたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。