スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本人訴訟支援と簡裁訴訟代理権の範囲に関する研修会

 平成26年1月18日(土)13時10分から15時10分まで、福岡において、福岡県司法書士会主催の研修会において講師を務めさせていただいた。
 テーマは「本人訴訟支援と簡裁代理権の範囲」である。
 日司連から講師派遣する重要論点として、各本会に通知しているものだ。
 福岡の司法書士250名程にご参加いただいた。

 近時、昭和54年の高松高裁判決を引用するかのような本人訴訟支援について判断する裁判例も見られ、温故知新が求められている。
 そこで、今回の研修では、かなりの時間を割いて、高松高裁判決の検討をした。
 「注釈司法書士法」などで引用されている部分だけでなく、一審を含め、全文を読むことが重要だと事前準備をしていて、つくづく感じた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。