自動車保険の弁護士・司法書士特約

すっかり更新を怠っていた。

今後は趣味の話を交えながら、もう少し更新の頻度を上げようと思う。

さて、物損交通事故による損害賠償請求の相談は、紛争額が少額となることも多く、法律実務家に委任することを躊躇することもあると思われる。
とくに問題が顕在化するのが、追突のように自分に過失が全くない場合だ。
過失があるのであれば、相手方の損害を賠償するために、自らが加入する自動車保険を利用すれば、自らの損害についても保険会社がある程度対応してくれるが、過失がないのであれば、そうもいかない。
そのようなときには、保険を利用するのではなく、保険についていることの多い弁護士・司法書士特約を利用するとよい。
法律実務家に対する相談料、報酬を全て保険で賄うことができ、さらに保険の等級には影響しない。

過失のない交通事故にあってしまったときには、ぜひ思い出したい特約である。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ