スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近刊『司法書士による被告事件の実務─訴訟活動の事例と指針─』のはしがき

 民事法研究会から6月中旬に鈴木修司司法書士・山田茂樹司法書士・私との共著で発刊予定の『司法書士による被告事件の実務─訴訟活動の事例と指針─』のはしがきを執筆したので、書籍の紹介を兼ねて掲げる。

 書籍の詳細は、民事法研究会HP(http://www.minjiho.com/)の「近刊情報」からご参照いただきたい。

 はしがき
 司法書士に簡裁代理権が付与されて10年が経過しました。
 この10年の間に、「司法制度改革審議会意見書」において「当面の措置」として司法書士に簡裁代理権が付与された大きな要因である弁護士人口の大幅な増加は達成されたと評価してもよいだろうと私は考えています。
 これを形式的に捉えるならば、もはや司法書士に簡裁代理権を付与する必要はなくなったといえるのかもしれません。
 はたしてそうでしょうか。
 簡裁代理権というものは、いうまでもなく制限付代理権であり、代理権の範囲を超えると本人を代理できなくなるという一見とても使い勝手が悪く、本人にも不便を強いるものであるような気がします。
 しかしながら、この簡裁代理権を行使して数多くの事件に関わっていく中で、法律実務家と本人との間に、代理業務のみではあり得ない、新たな関わり方というものが見えてきました。そのような新たな関わり方をまとめておきたいという思いがあり、その切り口として、司法統計上、司法書士の関与がもっとも劣っている被告事件を取り上げることとしました。
 この司法書士による民事紛争への新たな関わり方を提示することによって、簡裁代理権は「当面の措置」から「恒久のもの」へと深化していくのだろうと私は信じています。そして、紛争解決の選択肢が増えることが、ひいては紛争を抱える当事者の利益になるのです。
 本書を機に、読者諸氏にも、民事紛争への関わり方における司法書士の独自性というものについて深く考えていただくことを期待しています。
 平成25年5月吉日
  富士登山競争に向けた試走のため富士吉田登山道の新緑に囲まれながら
                         司法書士 赤松 茂

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。