スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近刊『司法書士による被告事件の実務─訴訟活動の事例と指針─』のチラシ

 6月下旬に民事法研究会から共著で出版予定の書籍が同社HPで既に案内されているが(こちらの「近刊情報」をクリック→http://www.minjiho.com/)、今般、同書籍のチラシができたので、参考までにリンク先を掲げておく。

 https://www.evernote.com/shard/s26/sh/d5b18113-aa3e-4970-8e0a-2bedc4d26f82/c73de5628808783fa865e0ebc99cc156

 ■どんとこい!被告事件!4段階35の事例でわかりやすく解説!■
→ 訴え提起前・訴え提起後・債務名義取得後・強制執行申立て後の4段階それぞれの場面で問題となりうる35のテーマを事例に沿って、わかりやすく解説!
→ 事件の態様、被告の(経済的な)状況、裁判の見通しを踏まえて、代理業務か裁判書類作成業務かの選択・判断にも重点をおいて解説!
→ 各事例では、法的対応のための理論、被告事件特有の交渉術・法的留意点など実務の指針を明示!
→ また、各事例の最後には、裁判事務に積極的に取り組んできた執筆者による、交渉のコツ、執筆担当者の経験事例、民法(債権関係)改正の動向など実務に直接結びつくコラム「豆知識」付き!
→ 貸金請求事件、消費者信用関係事件、建物明渡請求事件、敷金返還請求事件、交通物損事故、個別労働事件など幅広い事件類型を取り上げているので、一般民事事件の実践的手引としても最適!
→ 加藤新太郎東京高裁判事をお迎えした座談会「司法書士の被告事件関与をめぐる現状と課題」を収録!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。