民法(債権関係)改正に関する研修会「法務省による中間試案の解説と司法書士からみた中間試案」

 平成25年3月23日(土)24日(日)に亘り、東京・日司連ホールにおいて、中央研修所主催による民法(債権関係)改正に関する研修会「法務省による中間試案の解説と司法書士からみた中間試案」が開催され、一部の講で講師を務めた。
 研修会には、全国から130名程の司法書士にご参加いただいた。
 研修会の内容は、次のとおりである。

【基調講演】
「民法(債権関係)改正に関する中間試案について」法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与 内田貴氏、法務省大臣官房参事官 筒井健夫氏

【中間試案の論点解説】
第1講「保証」 民事法改正委員会委員 司法書士 齋藤毅氏
第2講「債権譲渡」民事法改正委員会委員 司法書士 鈴木龍介氏
第3講「意思表示等」民事法改正委員会委員長 司法書士 赤松茂
第4講「不動産登記(売買等)」民事法改正委員会委員 司法書士 野口善一氏
 いずれの講も、早稲田大学大学院法務研究科教授 山野目章夫氏から講評をいただいた。

 中間試案の補足説明がまだ公表されていない段階ではあるが、パブリック・コメントは本年4月1日から6月3日まで実施すると既にアナウンスされているところであるので、時期的には非常にタイムリーな研修会となった。
 また、基調講演によって、中間試案の理解が深まるとともに、後半の論点解説によって、司法書士として、どのような視点から民法改正を検討していけばよいのか、受講生の方々に、多少なりとも伝わっていれば、本研修会を開催した意義があるといえるだろう。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ