スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法書士業務とモバイル環境

 私は、司法書士としては出張が多い方だと思う。
 出張がもっとも多かった時期は年間100泊ほど出張しており、最近は日帰りの東京出張が多くなったが、それでも今年も50泊前後の出張がある。
 そうすると、どうしても出先での効率的な業務を意識するようになる。
 今までは、ノートパソコンを持ち運びしていたが、ノートパソコンだけでも1キロ以上あるし、アダプターや出張先の環境によっては予備のバッテリーなども持っていくようにしていたので、それらを含めると、それなりの荷物になる。
 そういったモバイル環境の持ち運びを数年続けていたのだが、最近スマート化することを心がけている。
 具体的には、アイパッドミニの登場が契機となった。
 メールチェックだけでなく、外付けのキーボードがあれば、楽に返信やテキストデータでの書類作成もできるので、外出先では、ワードやエクセルを使わないと割り切れば、実に便利だ。
 今までのアイパッドのサイズでは、ノートパソコンとあまり変わらないサイズだったので、わざわざ乗り換えるメリットが感じられなかったが、アイパッドミニぐらいのサイズになると、荷物が少なくなるということが実感できる。
 また、アイフォン5でテザリングができることになったことも大きな魅力だ。
 今までのようにワイファイルーターの持運びすら不要となった。
 アイパッドミニと外付けキーボード、アイフォン5があれば、大抵のことは出先で対応可能だ。
 念のため、バッテリーを持運びしているが、それでもノートパソコン持参時代と比べると、荷物の量は雲泥の差である。
 タブレットであれば、ノートパソコンの画面と異なり、近くで資料を読むことも容易であり、目の悪い私には、それもまた嬉しい。
 あまりにも荷物が少なくなったので、アイパッドミニとともに、キンドルペーパーホワイトも同時に持参している。これでも、まだ荷物が軽い。
 2画面で、それぞれ対応する資料を同時に閲覧すると作業がとても捗るので、これもまた大きなメリットだ。
 私の場合、法制審議会民法(関係)部会の部会資料をアイパッドミニ、その部会資料に対応する議事録をキンドルで読むようにしている。部会資料は行きつ戻りつ読み込まなければならないので、スクロールさせることが容易なアイパッドミニが適しているし、議事録のような文章はキンドルのような紙とほとんど変わらないディスプレイで読むと目が疲れない。
 ほんとうに便利になったものだ。
 ハード面でのモバイル環境が整った中、それらを利用して、いかに効率よく作業を行うかというソフト面の充実を意識していきたい。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。