クレサラ被害者交流集会INさっぽろ

 平成24年10月27日(土)13時30分から17時30分まで、札幌において、クレサラ被害者交流集会が開催され、第4分科会「脱『保証人』依存社会!~保証被害をなくすために~」に参加した。
 この分科会は、保証被害対策全国会議が担当するものだ。
 当日の次第の概要は次のとおりである。
 1.保証人紹介ビジネス被害を考える
   弁護士 酒井恵介
   保証人紹介業問題被害者の会代表 鈴木俊志
 2.地域で保証機能を担う仕組みづくりについて
  伊賀市社協の取り組み 保証被害対策全国会議代表代行 弁護士平井宏和
  脱保証人依存社会への提言~自らの体験から
             同対策会議事務局次長 司法書士榛葉隆雄
 3.民法(債権関係)改正と保証人保護
  法制審議会における審議状況 同対策会議事務局長 弁護士辰巳裕規
  「保証無効」試論      同対策会議事務局次長 司法書士赤松茂
 4.脱保証に向けた取り組みについて
  「日本の身元保証」研究中間報告 同対策会議 事務局次長 司法書士金森耕治

 私は、保証被害対策会議が検討を続けている「保証契約無効論」の試論の発表を担当させていただいた。
 まだまだ未熟な内容であったが、保証人の保護という視点のほか、保証人をつけられないセーフティネット契約の主債務者などについて憲法の視点から論ずることも検討した方がよいという示唆もいただいた。
 もとはといえば、商工ローン等の貸金の保証人を保護するための立法提言からはじまった当会議であるが、保証制度の持つ奥深さから、その検討も一層の深化をしていかなければならないとの思いを強めることができた。

 現在のところ、「保証契約無効論」は公表できる段階ではないが、完成したら本ブログでも紹介したい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ