スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債権法改正シンポジウム~債権法のこれから~

 平成24年9月29日(土)13時30分から17時まで、さいたま・浦和において、埼玉司法書士会・埼玉青年司法書士協議会主催で、「債権法改正シンポジウム~債権法のこれから~」が開催されたので、参加した。
 県内外の司法書士150名ほどが参加した。
 シンポの次第は次のとおりである。
【基調講演】
「法制審議会民法(債権関係)部会の審議状況」法務省参事官 筒井健夫氏
「民法(債権法)改正の課題」法務省参与 内田 貴氏
【パネルディスカッション】
 消費者・事業者概念、契約交渉段階、複数契約の解除
コーディネーター 埼玉司法書士会会員 嶋根琢磨氏
パネラー     法務省参与     内田 貴氏
         全青司民法改正対策委員会委員長 井上尚人氏
         埼玉消費者被害をなくす会理事、日本消費法学会会員 古久根章典氏
         埼玉司法書士会会員 上松隆行氏
 
            *

 内田参与と筒井参事官の講義は、今年の6月に静岡でも拝聴したところであるが、説明の内容や取り上げるテーマが、かなり異なっていた。このことからも、相当のスピードで法制審の議論が進められていることが伺える。
 パネルディスカッションでは、時間の都合上、取り上げる論点は少なくならざるを得なかったものの、内田参与と司法書士らとの意見交換は充実したものであった。
 このシンポジウムを機に埼玉でも来春のパブリック・コメントで多くの意見が出されるだろう。
 全国でも、同様のシンポジウムが開催されることに期待したい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。