平成24年度近弁連消費者保護委員会夏季研修会受講

 平成24年8月25日(土)13時から17時まで、神戸において、平成24年度近弁連消費者保護委員会夏季研修会が開催され、受講した。
 本研修会は、原則として、近畿ブロックの弁護士のみしか受講できないものであるが、主催者の特別の計らいにより、受講させていただいたものである。およそ90名前後の参加があった。

 テーマは「保証被害の根絶をめざして~保証人紹介業、賃貸借保証、判例の動向、民法改正について~」であり、民法改正における保証についての議論状況を踏まえ、保証被害の実体及び対策、判例の到達点について研究することが目的である。
 資料は、基調講演のレジュメのほか、第1分冊(保証人紹介ビジネスに関して)、第2分冊(不動産賃貸借に関して)、第3分冊(保証をめぐる裁判例に関して)、第4分冊(資料編)という構成の膨大な資料が配布された。

 研修会の内容は、次のとおり。
1 基調講演
  山野目章夫教授(早稲田大学教授、法制審議会民法(債権関係)部会幹事)
2 実行委員会報告
  保証人紹介ビジネス被害、賃貸借保証被害、判例・制度の研究
3 パネルディスカッション
  コーディネーター:渡辺法之弁護士(大阪会)
  パネリスト   :山野目章夫教授
           鈴木嘉夫弁護士(大阪会)
           平泉憲一弁護士(大阪会)
           辰巳裕規弁護士(兵庫県会)
           小川顕彰弁護士(京都会)
 
             *

 本研修会では、家賃保証を含めた一定の個人保証廃止という趣旨の近弁連消費者保護委員会の保証制度に関する意見が報告されるとともに、保証貧紹介ビジネスなどに対応するために保証業法の立法をも提案されており、さらに保証人をつけることができずに困っている主債務者のために、保証制度を利用しなくてもすむ地域ぐるみでの取組みをしている伊賀市社協の活動の紹介もあり、非常に広範な視点から保証問題に取り組んでられると感じた。
 山野目教授からは、保証の論点は、民法(債権関係)改正に関し、唯一といってよい実務家からの提言があったことにより改正論点とされたものであるので、引き続き議論を深めていただきたい旨の激励もあった。
 司法書士としても、この論点にさらに積極的に取り組んでいきたい。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ