「対話のチカラ」実行委員会(反省会)

 平成21年3月31日は、静岡において、先日行なった日司連市民公開シンポジウム「対話のチカラ~納得・解決・話し合い~」の反省会という趣旨で実行委員会が開催されたので、実行委員として参加した。

 同シンポジウムには、申込総数300名に対し、222名に当日参加いただき、半数以上の方々にアンケートにまで記入していただいた。この場をお借りして、ご来場くださった方々に、お礼を申し上げる次第である。
 アンケート結果から鑑みるに、司法書士制度の広報と共に、話し合いで紛争を解決する調停センター「ふらっと」の広報にも充分になったものと思われる。

 さて、次は、調停センター「ふらっと」の主催で、アンケートにご回答いただいた方々を中心に、小規模の市民参加型のフォーラムを開催するということである。
 その中で、押し付けの調停と対話促進の調停の違いを分かってもらうために、寸劇を行うということになった。当事者役として演ずる司法書士は、関東ブロック新人研修でも活躍された名優Y氏とS氏に加え、今回、私は脚本のほかに、法的主張に拘って調停を進める役を演ずることになった。ほかにも、「私に任せなさい」というノリで調停を進める役に三島の司法書士I氏、対話促進型で調停を進める役に新進気鋭の司法書士T氏を登用することとなった。
 寸劇の題材は、今朝、愛犬をみていて思いついた。詳細は後日報告できると思う。
 これから、そのための脚本をかかねばならない。

 小規模市民フォーラムの参加募集が始まったら、このテーマで再掲することとする。


コメント

No title

あかまつ先生,脚本家としてぞくぞく作品発表ですね!
これを演じる俳優陣も気合をいれていかねばですね。

あめんぼ・あかいな・あいうえお~~

脚本出来ました!

 調子に乗って、一晩で脚本を書き上げてしまいました。

 それぞれの個性に合わせて、役柄を割り当てましたので、演技する方はすごく楽だと思いますよ。

 上演禁止にならなければ良いのですが…
 (悪ふざけが過ぎていると怒られないかが、ちょっと心配)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ