スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県司法書士会労働研修

 平成23年11月8日19時から21時まで、神奈川県司法書士会において、労働問題に関する研修会が開催され、講師をさせていただいた。
 神奈川県会の司法書士60名前後にご参加いただいた。

 テーマは「労働審判制度の活用事例」である。
 同様のテーマで今年の6月に兵庫県司法書士会にも講師として呼ばれており、全国的に労働審判制度に関する注目が高まっていると感じる。
 数年前より、労働トラブル110番の開催が全青司・日司連を通じて、全国に呼びかけられているところであり、具体的な労働相談の受任が増えてきているのだろう。
 労使紛争が最も顕在化するのは、労働契約終了の局面であり、とくに解雇が問題となる。
 この解雇に関する紛争において、労働者が復職を求めず、一定の金銭解決を望むのであれば、労働審判制度の利用を優先的に進めることが多い。
 簡易迅速な手続であり、柔軟な解決案が示されるといのが、その理由だ。

 労働問題に取り組む司法書士は、労働審判制度を熟知しておかなければならないといえるだろう。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。