スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県司法書士会制度対策委員会簡裁民事対策部会座談会

 平成23年8月18日(木)18時30分から20時30分まで、静岡県司法書士会において、制度対策委員会簡裁民事対策部による座談会が開催されたので、委員長として参加した。
 座談会の登壇者は、ほかに、小澤吉徳司法書士、古橋清二司法書士、榛葉隆雄司法書士、鈴木修司司法書士である。
 私以外は、豪華な顔ぶれだ。

 座談会のテーマは、「簡裁代理権の活用」である。
 現在、簡裁代理権を活用するうえで、その代理権の範囲について解釈の分かれる部分が少なくない。
 そこで、解釈の分かれていると思われる論点について、実務上の視点から、意見交換をした。
 議論は、そもそも簡裁代理権が与えられた趣旨や背景にもおよび、市民の期待に応えるためには、司法書士法改正が必要であるという結論に達した。

 本座談会の内容は、静岡県司法書士会の会員に配布する予定であるが、他会の司法書士の方でも希望者には配布することを検討させていただくので、希望者がいらっしゃれば、直接私にまで、ご連絡いただきたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。