スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県青年司法書士協議会定時総会

 平成21年3月15日は、静岡県司法書士会館において、静岡県青年司法書士協議会の定時総会が開催された。会長は、三島の司法書士I氏から浜松の司法書士O氏へと交代された。
 私は、平成20年度の事業報告として、クレディア対策について報告させていただいた。
 クレディア再生事件は、認可後の一括弁済をもって、裁判手続は終了したが、クレディア事件をリーディングケースとして、オークス・アエル・SFCG等多くの貸金業者が民事再生を利用している。
 未届過払債権者の保護を中心に議論を継続していく必要がある。
 新体制においても、貸金業者の倒産事例を研究していかねばならない。
 また、「派遣切り」を中心とした労働事件も、社会問題となっているところであるので、司法書士がどのように関与していくか、ということを含め、取り組みを浸透させていくことが求められている。
 新会長O氏の事業計画の目玉である「炊き出し」も、実現に向けて、細かな点を煮詰めていかねばならないだろう。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。