スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法書士からみた民法(債権関係)改正―中間試案に向けて編―その4

その4 これからの予定

 「中間的な論点整理」の公表後、パブリックコメントの募集期間内に、法制審議会民法(債権関係)部会では、関係団体のヒアリングが行われる予定だ。
 これらパブリックコメントやヒアリングを踏まえて、今夏以降、同部会の第2ステージが開始されることになると思われる。
 この第2ステージでは、より具体的な改正案である「中間試案」の作成が主な目標になるようだ。また、「中間試案」の公表後には、この「中間試案」に対するパブリックコメントも、さらに実施される予定とのことである。
 今回のパブリックコメントで意見を述べなかった全国の司法書士会や司法書士の任意団体におかれても、司法書士の専門的知見を発揮し、民法(債権関係)改正に関する研究を進めていただき、次回のパブリックコメントでは是非意見を述べていただきたいと考えている。
 そこで、全国の司法書士会や司法書士の任意団体の研究の促進のために、法制審議会民法(債権関係)部会の今後の予定を踏まえつつ、月報司法書士において、7月号から12回に亘って、司法書士からみた民法(債権関係)改正というテーマでの論考を掲載させていただくこととなった。
 本連載が、司法書士読者諸氏が民法(債権関係)改正について考える契機となれば幸いである。

(注1)「中間的な論点整理」は法務省HPで公表されている。
(http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900074.html)
(注2)筒井健夫「民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理」NBL952号、商事法務参照
(注3)民法改正研究会「民法改正 国民・法曹・学界有志案●仮案の提示」日本評論社参照

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。