消費者月間シンポジウム

 平成23年5月30日(月)15時から18時まで、東京・三田において、消費者庁主催で消費者月間シンポジウムが開催されたので、全青司副会長として参加した。
 このシンポジウムの開催趣旨は次のとおりである(パンフレットから抜粋)。
 消費者庁では、毎年5月を「消費者月間」とし、消費者問題に関する事業を集中的に行っています。
 今年のテーマは『地域で広げよう消費者の安全・安心』です。
 消費生活の現場は地域にあります。安全・安心で、消費者が主役となる社会の実現に向けては、消費者団体をはじめ、福祉、子育て、環境、産業等の様々な分野において地域で活躍している皆様が連携を深め、消費者問題に取り組む住民の輪、地域の輪を広げることが大切です。


 当日のプログラムは次のとおりである。
第1部
 消費者支援功労者被表彰者のご紹介
 消費者支援活動等に対する民間団体からの表彰

第2部
 パネルディスカッション
  テーマ:「地域で広げよう 消費者の安全・安心」
  パネリスト:宇都宮健児氏(日本弁護士連合会会長)
        田中 信孝氏(人吉市長)
        吉富 崇子氏(山口県地域消費者団体連絡協議会会長)
        福嶋 浩彦氏(消費者庁長官)
 パネルディスカッション
  テーマ:「食品と放射能」
  パネリスト:滝澤 行雄氏(秋田大学名誉教授、内閣府食品安全委員会専門参考人)
        阿南 久氏 (全国消費者団体連絡会事務局長)
        黒田 岳士氏(消費者庁政策調整課長)
  コーディネーター:福嶋 浩彦氏(消費者庁長官)

            *

 シンポジウムには300人ほどの参加があり、盛大に開催された。
 様々な団体の代表が参加されており、このシンポジウムを通じ、消費者問題の幅の広さを感じることができた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ