スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県司法書士会主催「クレサラ110番」開催

 平成21年3月8日は、静岡県司法書士会主催で「クレサラ110番」が県内の御殿場・伊東・富士・静岡・掛川・浜松で開催され、それと連動する形で、行政機関である賀茂県民生活センター・東部県民生活センター・藤枝県民相談室でも、多重債務相談会が開催された。私は、東部県民生活センターの相談員を担当した。
 静岡県司法書士会主催のクレサラ110番に寄せられた相談件数は次のとおりである。
相談件数 114件(電話49件、面談65件)

内訳 静岡 44件(電話39件、面談 5件)

   伊東 11件(電話 5件、面談 6件)

   御殿場10件(電話 5件、面談 5件)

   富士 12件(面談のみ)

   掛川  9件(面談のみ)

   浜松 28件(面談のみ)

 このような相談会を開催すると、必ず、「今までも、相談の電話をしようと迷っていたが、決断ができず、困っていた。今回やっと思い切って相談することができた。ほんとうによかった。」という声を聴く。
 わたしたち司法書士にとっては日常業務の相談であっても、相談者にとっては一生に一回あるかどうかの重大事である。相談の電話をかけた際の担当が横柄な態度であったり、不適切な回答をしたりしてしまうと、その相談者の人生に影響を及ぼしかねない。
 相談者の人生を背負う、などということが、わたしたち司法書士にできるわけはないのだが(仮にできると思っているのであれば、それは思い上がりである)、少なくとも相談者の生活再建を支援することはできる。
 クレサラ110番に参加すると、いつも、一本の電話や一回の面談を大事にしていこう、と気が引き締まる。

コメント

No title

最後のお言葉,正にそのとおりですね(クールに)。
多重債務に限りませんが,相談における執務姿勢については多忙にかまけて粗雑・不十分な対応をしないよう肝に銘じるべきですね。

ちょっと!ちょっと!それで本当にいいんですか?・・相談者からこのように思われるような面談にならないよう精進せねば!

そういえば沼津で、とてもおいしい蕎麦屋を発見しました。

 クレサラ110番の効用は、他の司法書士の面談や電話応対を目の当たりにすることができる、という点も挙げられますね。

 私が新人司法書士のときに、摩雲天さんの面談を隣で聴いて、一生懸命面談技法を盗ませていただきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。