スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【民法改正】中間的な論点整理公表!

 平成23年5月10日に法務省より、民法(債権関係)改正に関する「中間的な論点整理」が公表された。
 http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900074.html

 63の論点からなる183頁に及ぶ膨大な資料だ。
 今までの部会資料が各論点で引用されているため、検討の際は、それら引用箇所も参照する必要がある。
 また、今回公表された「中間的な論点整理」とは別に事務当局で作成された「補足説明」も公表するとの事前説明であったが、これは未だ公表されていないようだ。

 パブリックコメントの開始時期は現時点では未定である。
 聞くところによると、パブリックコメントは2ヶ月の期間を置くということだが、今回のように事前に資料を公開していただくと、事実上パブリックコメントの期間が2ヶ月以上設けられたと考えることもできる。

 民法という市民社会に大きな影響をおよぼす法律の改正にあたって、このような配慮は歓迎すべきだろう。

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。