静岡県に対する被災地からの避難民に対する支援の協力申入れ

 被災地からの避難民を東京やさいたまでは大会場で受け入れているところであるが、静岡においては県内各地の公営住宅に分散して受け入れる方針のようである。
 今回の災害による避難は、いつまで避難生活を送るのか、どの程度の規模になるのか、が全く予測できない状況である。
 そこで、静岡県青年司法書士協議会では、次のとおり県に対し、協力申入れを行なった。
 受入先の現場で司法書士ができることが必ずあるはずである。


静岡県公営住宅課御中

 被災地からの避難民に対する支援の協力申入書

平成23年3月23日

                   静岡県青年司法書士協議会
                      会長 芝  知 美


 当協議会は、静岡県内の青年司法書士110余名で構成する団体です。
 東北・関東大震災により被災地から全国各地に避難されている方々が多数生じており、静岡県内においても、受入れを開始しているとの情報を得ました。
 避難されている方々おかれましては、安定した住居の確保のほか、様々な不安を抱えておられるであろうと思われます。
 そこで、当協議会といたしましては、県内の受入先各地において、避難されている方々に対し、迅速に支援をしていく所存です。
 具体的には、近隣の司法書士が受入先を訪問し、法的支援を中心としたケアを行っていく予定です。
 つきましては、静岡県におかれましても、受入情報の公開や必要と思われる法的支援などについて、随時、情報の共有を迅速に行っていただきたく存じます。
 当協議会は、今般の震災の被害回復に全力で取り組んでいきます。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ