少額訴訟について考える

 司法書士が簡裁代理権を活用するためのひとつの方法として、少額事件に特化するという方法がありうる。140万円という制限付の代理権の活用方法としては、もっとも素直な活用方法である。
 訴額の大きい事件と少額事件とは、紛争の解決方法に大きな相違がある。
 訴額の大きい事件と同様の手法で、少額事件にあたっていては、やはりペイできない、ということになりかねない。その結果、多くの司法書士が受託することを敬遠し、紛争当事者は今までどおり泣き寝入りをするということになってしまうのだろう。
 少額事件は、少額事件なりの解決方法があり、そのために司法書士は簡裁代理権を少額事件に特化した形で活用していくべきなのである。
 その活用方法とは…
 もう少しまとめた形で、後日述べさせていただく。

 今回は、少額訴訟債権執行について司法書士が代理人となる意義を事例を交えて述べたものがあるので、そちらをご参照いただきたい。

 詳細は、こちら

 少額訴訟債権執行における司法書士の役割は、 「債権の捕捉」がキーワードである。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ