全青司消費者問題対策シンポジウム「貸金業者倒産手続の検討と今後の課題」

 平成23年1月29日(土)12時より16時まで、大阪において、全青司の主催で「貸金業者倒産手続の検討と今後の課題~武富士会社更生法に関する諸問題を通じて~」が開催されたので、副会長として参加した。
 当日は数十名の司法書士の参加があった。
 主なプログラムは次のとおり。
1 民事再生法
2 武富士を事例として見る会社更生法
3 アイフルの私的整理は最後まで成功するのか?~事業再生ADR手続を知る~

 また、同日、同所において、16時より18時まで、同じく全青司の主催で「刑事法フォーラム~新しい刑事司法(犯罪被害者支援)~」も開催された。
 とくに、司法書士が犯罪被害者からの相談を受けるにあたっての心構え、支援実務について、実際に犯罪被害者支援の活動を行なっている司法書士から実践報告がなされた。

 終息しつつあるようにみえる多重債務問題に関する詰めの問題とともに、司法書士にとって未知の分野であるといえる犯罪被害者支援に関する研修を同日に開催することの意義は大きいだろう。

 司法書士が取り組まなければならない問題は依然として山積みである。

 なお、翌日は、大阪において、全青司民法(債権関係)改正対策委員会が開催されたので、その報告は、また日を改めて述べることとする。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ