【全青司】命の過払金を尊重し公正性・透明性のある会社更生手続を!!

 全青司では、武富士が会社更生手続の申立てをした東京地裁に対し、次のような意見を述べ、同意される方の署名を集めている。一つづつ手続の瑕疵を突破していく必要があろう。

【意見の趣旨】
 平成22年10月31日、株式会社武富士の会社更生手続の開始決定がされました。武富士の負債約4300億円のうち過払債務は約1700億円を占め、潜在的には2兆円、約200万人の過払い債権者がいるといわれています。会社更生法上、裁判所及び管財人は知れたる債権者に対し債権届出期間等を通知しなければなりません。しかし、武富士は自ら利息制限法による引き直し計算を行い、過払債権者を把握しているのにもかかわらず、「混乱」を理由に個別の通知を行わない可能性があります。 
 この場合、多くの過払債権者が何も知らないうちに権利を失ってしまいます。私たちは過払債権者を切り捨てる安易な会社更生を許しません。
 また、裁判所は武富士の代理人弁護士を管財人として選任しました。武富士の経営者から相談を受けて会社更生の申立を受任し、会社更生の成功により武富士から報酬を受け取る立場です。このように利益相反と見られるような立場にある管財人が中立・公正に管財業務を行えるはずがありません。過払金は、高金利が故に増やしてしまった他社の返済、生活費や教育費、滞納していた公租公課等の支払いに充てられるものであり、利害関係のない中立・公正な管財人によって、武富士の創業者や役員等についての違法行為の調査・責任追及・責任財産の確保を適正かつ徹底して行うべきです。

【東京地方裁判所に対する意見】
1.裁判所及び管財人は、全ての過払債権者に対し、過払金が発生していること及び届出に関する個別の通知を行ってください。
2.管財人を利害関係のない人材に変更してください。
3.創業者や役員等についての違法行為の調査・責任追及・責任財産の確保を適正かつ徹底して行って下さい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ