データのバックアップを万全に!

 先日、グーグルカレンダーなどのデータが消滅してしまったケースがあったようだ。当事者は、同職である。(後日談によると、データの消滅は一時的なものであり、後ほど復旧したとのことではある。)

 昨今、クラウド化が進んでおり、無料のウェブサービスを使って、データをインターネット上に保管することも多くなっている。複数のパソコンからも同時に閲覧・編集等ができるために、非常に便利なのだが、やはり今回のようなリスクがつきまとう。
 とくに無料サービスの場合、データ消滅の際のリスクは利用者の自己責任となるケースが多いものと思われる。
 万が一に備え、クラウドサービスを利用しつつも、データのバックアップを定期的に行っていく必要があろう。

 同様に、パソコン以外の作業についても、万が一のために、データのバックアップ類似の代替措置を検討しておく、という発想は重要だ。一つの方法がダメになっても、別の方法がある、というのは確かに強い。

 同職の中には、人生のバックアップをしておくべきである、というツワモノもおり、そのような発想からは、司法書士資格のバックアップのために、別の資格も取得しておく、さらに、究極的には資格に頼らない、という業務姿勢にも行きつくことになるようだ。確かに、自分の個性のみで生きていく、というのは最強の選択であり、そこまで行き着いたら、バックアップを取る必要もなくなるだろう。

 とはいうものの、私にとっては「司法書士」という資格取得の前後を通じて得たものが大きな財産となっており、正直なところ、「司法書士」資格の代替資格はありえないと考えている。
 時代の変化に対応しながら、司法書士制度が発展し、存続することを願っている。

 今回はエッセイ風。 

コメント

No title

いろいろとお疲れ様。私のことかと思ってびっくり(笑 さて、データの復旧が可能かどうか・・・ひやひやですよ(笑

吉徳先生、コメントありがとうございます!

 ちょうど、同じタイミングで、吉徳先生のパソコンも壊れたんでしたね!
 今回の記事は、クラウド上のデータ消滅のリスクに関するものです(笑)。

 そうはいうものの、パソコンHDのデータが飛んでも困るし、クラウド上のデータが飛んでも困ります。
 やはり、手堅く双方の方法でバックアップしておくしかなんですかね。

 データの復旧が順調になされることをお祈りしております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ