スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県司法書士会平成22年度第1回理事会

 平成22年8月31日16時より、静岡県司法書士会において、平成22年度第1回理事会が開催された。
 主な議案は、平成22年9月20日に臨時総会を開催することを承認すること、また、同臨時総会に「債務整理事件の処理に関する規則」を上程することを承認すること、だ。

 「債務整理事件の処理に関する規則」は、規則制定の方針をめぐって、会員からも多くの意見をいただき、最終的には、債務整理事件の処理において不適切を思われる対応を禁止するなどの実効力を必要とする規定を「規則」に債務整理事件の処理において質の向上を図ることを目的とする規定を「指針」において定めることとした。

 臨時総会では、「規則」の承認を求め、「規則」が承認されることを停止条件として、総会直後に再度の理事会を開催し、そこで「指針」の承認を求める予定である。

 当会の「規則」で、もっとも重視していることは「面談」である。債務整理事件とは、すなわり相談者の生活再建を図る過程に関する事件であり、相談者の生活状況を把握するためには「面談」は欠かせない。
 そこで、受任時と、受任時に方針が確定に決まっていないのであれば方針決定時にも「面談」をすることを義務づける内容とした。

 当たり前の「規則」だが、原則2度の面談を義務づけた規則は今のところ他会等ではないようなので、2度の面談の重要性を強調してうたった規則としては全国初といえるものと自負している。
 
 9月20日の総会承認に向けて、残りの期間、会員に向けて、全力でプレゼンしていきたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。