静岡青司協「不正広告撲滅活動IN沼津」

 平成22年8月28日(土)16時より18時まで、沼津市において、静岡青司協「不正看板撲滅活動」を実施したので参加した。
 不正看板撲滅活動とは、貸金業法改正の影響により、「カードで現金」などの貸金以外の金銭ドラブルが増加する懸念が生じているので、街中に氾濫する、それら看板の分布状況をチェックし、行政機関等に情報提供するというものである。
 街中に貼られている看板には、電柱やガードレール等の公共施設に貼られているものと民家等の私人の所有物に貼られているものとの2通りのパターンがある。
 公共施設に許可無く貼られているものについては、行政機関等が除去することができる。
 一方、私人の所有物に貼られているものについては、当該所有者が承諾している以上、除去を求めることが困難となることが多い。また、廃屋等所有者が判明しにくいものに貼られていると、所有者が承諾しているか否かすら判明しづらいこととなる。
 以上のとおり、街中に貼られている「カードで現金」などの看板の掲示方法が必ずしも全て不正であるとはいえない状況であるが、まずは掲示方法が不正であるか否かのチェックする必要がある。
 そのために、このような「不正看板撲滅活動」を県内各地で展開している。

 当日は10人以上の司法書士が集まり、沼津市内を分担し、累計100枚以上の看板を把握することができた。

 8月30日には、沼津市等に、静岡県青年司法書士協議会から、これら成果の情報提供をする予定だ。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ