今週末、物損交通事故ホットライン開催!

 静岡県司法書士会では、平成22年8月29日(日)10時から17時まで、物損交通事故ホットラインを開催する。物損交通事故に特化した相談会を開催するのは司法書士会で全国初。

 物損交通事故は、一過性のものであり、一日の開催では相談が大量に寄せられるという類のものではないが、このホットライン開催を契機に、常設相談でも物損交通事故を扱っているという点の周知を図ることが狙いだ。

 以下、実行委員長の案内から抜粋。

 さて、「損害保険料率算出機構」の「自動車保険の概況(平成21年度)」によると、乗用自動車保有登録数は、昭和45年以降増加し続けているものの、同機構に会員登録している39社の任意自動車保険の収入保険料は、平成18年以降減少しています。
また、自動車保険の加入に関するインターネット調査(調査期間2008年8月1日~同年8月5日、回答数15,036名、調査会社マイボイスコム㈱)によれば、任意自動車保険に「加入していない」が16.9%、「わからない」が6.3%で、計23.2%が任意保険に加入しているとはいえない状況にあります。
この背景として、昨今の経済不況等により自動車保険に加入する金銭的余裕がない者やこれまで加入していた自動車保険を失効若しくは解約せざるを得ない者が増加しているということが考えられます。
そのため、車両保険に加入していない交通事故の当事者が対物保険に加入していない相手方から車両の修理代やその他損害を回収する場合には、直接、相手方に対し請求しなければならなりません。また、交通事故の加害者として相手方から請求を受けることも考えられますが、損害額等の認定につきましては、道路交通法をはじめとする法律知識や過失割合などの専門的知識が要求されるため、当事者間で適正かつ迅速な解決を図ることは困難であることが少なくありません。さらに、保険会社が介入するケースにおいても示談金額等をめぐり、保険会社と相手方当事者との間で紛争が発生することも予想されます。
物損交通事故に関するトラブルは、一般私人間で突発的に生じるものですので、損害額によってはその後の生活基盤に多大な影響を与えかねないものです。
そこで、今般、静岡県司法書士会は、物損交通事故の被害者、不当な損害額の請求を受けている加害者等を適正に解決に導く趣旨で別紙内容の相談会を開催いたします。広報ご担当者様におかれましては、本相談会の開催趣旨をご理解いただき、大きく広報していただきたくお願い申し上げます。なお、当日は電話相談だけでなく、静岡県司法書士会にて「面接相談」も受付けますので、併せて広報をお願い出来れば幸いです。

「物損交通事故ホットライン」実施要領

下記の日程で、「電話相談」「面接相談」を無料で行います。
面接相談を希望される場合は、時間内に下記会場にお越し下さい。
(予約は必要ございません)
 開  催  日  平成22年8月29日(日)
 会    場  下記のとおり
 相談電話番号 054-289-3704 
 開 催 時 間   10時00分~17時00分


ただし、代理人として関与することを前提とする相談は物損交通事故の損害となる額が140万円以下に限る。それを超える額の相談は裁判書類作成関係業務に基づく相談となる点に留意。

8月30日以降も、平日14時から17時までの間、上記電話番号で引き続き、相談が可能である。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ