スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第45回日栄・商工ファンド対策全国弁護団IN川崎

 平成21年2月14日(土)は、川崎で行われた日栄・商工ファンド対策全国弁護団の会議に参加した。
 SFCG・ロプロをめぐる動向は、めまぐるしいものがあり、自分の把握している情報が最新のものであるのか、常にチェックしておかなければならない。
 また、本年1月22日の最高裁判決についての解釈をめぐる議論もなされ、非常に有益な会議であった。
 とくに冒頭、木村団長の「43条の主張には、もはや紛争性はない」との主張には深く頷いた。

 今までの貸付金すべてに、みなし弁済が成立しないということは、どうなるのか・・・
 専門家が関与しないと引き直し計算をしないというのは、おかしくないのか。
 引き直し計算を要求すると、「契約見直し」情報が登録されるのは、おかしくないのか。

 …高金利を巡る諸問題は、いよいよ最終ステージに突入しようとしている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。