スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全青司「一般民事シンポジウムIN旭川」開催

 平成22年8月8日(日)10時から15時まで、旭川において、全青司司法アクセス・ADR推進委員会主催で「一般民事シンポジウム『活用しよう!簡裁代理権』~民事紛争解決の担い手として、司法書士に未来はあるのか~」が開催されたので、担当副会長として参加した。
 旭川会の方々を中心に40名前後の司法書士にご参加いただいた。
 このシンポジウムは、司法書士が広範な一般民事紛争に取り組むことによって、簡裁代理権を一層活用していこう、という目的で開催している。

 講義は、第1講として「建物明渡事件の実務」というテーマで、谷嘉浩委員が講師を務めた。
 第2講として「簡裁における一般民事訴訟の現状とこれからの司法書士」というテーマで、堀木博貴委員がコーディネーターを務め、村上美和子会長、梅垣晃一委員長、旭川会の上村修一郎会員、私、がパネラーを務めた。

 経験上、ここ数年の間に、司法統計の簡裁事件の既済事件数の代理人の選任状況の数値(第13表)が大きく動くであろうと予想している。そのときに、司法書士が一体どれだけの一般民事に関与しているのか、という簡裁代理権活用の内容が鋭く問われることになる。
 来たるべく、その時に司法書士が自信をもって回答できるよう、今回のシンポジウム等を通じて、一人でも多くの司法書士が意欲的に一般民事事件に取り組んでいただければ幸いである。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。