無償サービスの弊害

 某ウェブサイトの無償サービスであるMLを利用して情報交換をすることが多いのだが、最近、受信はできても投稿できないということが多い。

 サービス自体が無償だから、あまり過度な要求はできないのだが、自分が発信したつもりの投稿が配信されていないとなると、後で大きなトラブルを招くことにもなりかねない。

 利用規約をチェックしたくなるのは、職業病ともいえるが、やはり無償サービスの改善を求めるよりも、有償サービスに切り替えた方がよいのだろうか。
(しかし、これはML管理者・加入者に多大な影響を及ぼすので、今すぐには現実的な対策ではない。)

 メーラーからの投稿ではなく、ウェブサイトの掲示板から直接投稿すると配信されるようなので、しばらくは、それで対応することにしよう。
 (ただし、添付ファイルが投稿できないようだ。)

 本日は、閑話休題的な話題である。


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ