スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県司法書士会法教育委員会・広報委員会開催

 平成22年6月28日は、静岡県司法書士会において、法教育委員会・広報委員会が開催されたので、いずれも委員として参加した。
 静岡県司法書士会には、私が担当する相談事業部のほか、企画広報部、研修部、総務部、経理部という5つの事業部制をとっており、企画広報部内に法教育委員会と広報委員会が設けられており、それぞれの委員会の委員にもなっている。
 とはいうものの、同時に2つの委員会に参加することはできないので、前半を法教育委員会、後半を広報委員会に参加させていただいた。
 法教育委員会では、高校生法律講座向けの教材が2パターンほぼ完成し、委員による模擬講義が行われた。非常に完成度の高い教材に仕上がっており、高校生にわかりやすい内容となっている。今年度も多数の高校から法律講座のオファーが来ると思われるので、新しい教材を利用しての講義が楽しみである。
 また、広報委員会では、広報の在り方についての議論がなされ、私の担当としては、広報の一元化を図るべく、まずは、記者レク等対外向けに事業をリリースする際のマニュアルを作成することとなった。会務の効果的・効率的な広報の実現のために、これから具体的な構想を練ることとしたい。
 司法書士会の会務の任期は2年なので、2年ごとに委員が交代する。今回のマニュアル作りは、継続的な広報活動を行うための準備ということもできる。
 本会での会務は、担当者の個性が強く発揮されると継続的な事業として定着することが難しい。担当者が代わっても、円滑に事業が継続するような仕組みを作っていかなければならないのだ。

 これが全青司などの任意団体との大きな違いの一つである。


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。