スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日司連第72回定時総会

 平成22年6月24日の日司連第72回定時総会に月報発行委員会の委員として取材参加した。
 取材は、私にとって、もはや毎年恒例ともなっているが、開業したての頃から、毎年参加させていただき、大きな刺激を得ることができている。総会の模様を、すべての会員に公開するために、Uストリームなどで中継してもよいのではないだろうか。

 さて、今年度の議案は、例年の事業報告・事業計画のとともに、執行部からは、会費値上げの件(一会員あたり差し引き月当たり1800円の負担増)、司法書士の日制定の件(8月3日)が上程されている。
 また、代議員提案として、次のような議案が上程されている。
①「司法書士法の抜本的な改正実現を求め、1.使命規定の創設、1.相談に関する規定の整除、1.法律関係に関する文書の作成権限の明確化、1.懲戒請求における除斥期間の創設 の各事項につき速やかに整備することを求める決議」案承認の件
②「社会問題である多重債務問題抜本的解決の抜本的解決のため、監督官庁等に対して、貸金業者への指導・監督の徹底と多重債務者の経済的再建を阻害する貸金業者の行為の自粛要請並びに不適切行為に関する立法等の施策を求める。」決議案承認の件
③「債務整理執務に関する不祥事等によって失われた市民の信頼を回復することを決意する」決議案承認の件
④口蹄疫による被害者に対する法的支援活動を求める決議案承認の件
⑤「法務局の各種登記事務及び各種供託事務並びに司法書士に対する指導、司法書士会の会則の認可に関する事務等」の地方移管に対し断固反対する決議案承認の件
その他、執行部提案の会費の値上げや予算執行に関する修正動議も代議員から上程されているところである。

 これら上程議案などからも、司法書士をとりまく社会状況がどのように変容しているか、ということを窺い知ることができる。そのため、議案名を一読することにも意味があると考えたので、参考までに掲示することとした。

 なお、平成22年6月25日の夕方には、それら議案の採決がなされる予定である。
(本ブログアップ時点では、また採決がなされていない。)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。