スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県司法書士会「改正貸金業法研修会」開催

 平成22年6月11日19時より、静岡県司法書士会において、改正貸金業法の勉強会が開催されたので、講師として参加した。担当は「総量規制と指定信用情報機関」というテーマである。他には、昨日公表されたばかりの「内閣府令解説」、「総量規制各論」、「改正利息制限法」などである。貸金業法等が6月18日に施行されることを踏まえ、改正論点の総整理を行った。
 県内の司法書士70名以上が参加した。平日の夜にも関わらず、非常に高い出席率であった。

 改正貸金業法の市民への影響は、次の3点にまとめることができそうだ。
1 新規、既存を問わず、借りられなくても、絶対にヤミ金に手を出さない。
2 配偶者に内緒の借り入れは、この機会に打ち明ける。
3 既に総量規制枠を超過した借り入れをしている利用者は返済のみとなるが、一括返済をする必要はない。

 とくに、3は、貸金業者の中には、一括請求をしているところもあるようなので、注意しなければならない。
 総量規制に抵触するからといって、期限の利益を喪失することはない。無理に一括返済をしようとすると、それを契機に家計が破たんするということにもなりかねない。当初の約定どおり分割での返済を続けていくべきだろう。

 なお、静岡県司法書士会および静岡県青年司法書士協議会では、来週、県内の主な駅付近で、貸金業法改正のちらし配りをするなど、法改正の周知活動を展開する予定である。
 総量規制に関し、困ったことが生じたら、まずは、静岡県司法書士会総合相談センターしずおか(TEL 054-289-3704)にまで、ご相談いただきたい。

コメント

No title

多重債務者を救うと言っておきながら、司法書士や弁護士による債務整理の報酬が高くないですか?
過払返還金の2割も3割も成功報酬としてもっていかれたら、サラ金より暴利だと思うのですが。
私の親父も以前沼津の司法書士に債務整理を依頼し、手数料と成功報酬とやらで250万円程請求されました。実際には過払金から差引きされたので直接の出費はありませんでしたが、、、
本当に多重債務者救済を掲げるのなら、もう少し良心的な金額で債務整理を引き受けて頂きたいです。
暴利で貸し付けるサラ金も悪いと思いますが、多重債務者を食い物にする弁護士・司法書士にも襟を正して頂きたいと思います。
赤松先生、本件について司法書士会に提言してくれますか?
本当に多重債務者救済をお考えになっているのなら、宜しくお願い致します。

ご賛同ありがとうございます。

 ご意見ありがとうございます。

 静岡県司法書士会では、債務整理事件の執務姿勢につき、規則を制定することを検討しています。
 市民からの信頼を損なうことのないよう、ご指摘の点も踏まえ、会に対し、具体的な提言を行って参ります。

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。