全青司全国一斉「労働トラブル110番」開催

 全青司全国一斉「労働トラブル110番」が次の要領で開催される。

開催日  平成22年6月10日(木)
開催時間  午前10時00分~午後7時00分
相談電話番号  0120-610-607(通話料無料)
開催会場  東京会場他全国20会場(約40回線)
相談員数  約160名

 
 以下、全青司会長の実施要領を引用する。

 当会は、全国の約3000名の若手司法書士からなる団体です。日々、法律が市民に身近なものになるよう、司法制度に関する様々な分野で意見を表明し、また電話相談会などを実施しております。
 さて、出口の見えない経済不況の中、企業による不当な労働条件の切下げや解雇、賃金の未払いが後を絶たず、雇用はますます不安定さを増しております。特に、派遣労働者を始めとする非正規労働者に対する権利侵害は深刻で、当会が昨年6月10日に実施した「労働トラブル110番」においても、計24カ所の相談会場に、全国から寄せられた計388件の相談電話中、非正規労働者からの相談電話が約7割を占めました。相談内容も賃金未払い、労働条件の切下げ、解雇・雇止めといった労働相談の他にも、会社からの社員寮の退去要求といった住居に関する相談、多額の借金を抱えた労働者からの相談、さらには生活保護の相談に至るまで非常に多岐にわたりました。また、深刻かつ緊急を要する相談も多数あり、当会の会員が早急に法的支援にあたりました。
 そこで当会は、昨年に引き続き、市民の不安に応え、労働者の権利の擁護に資するため、本年6月10日に、標記のとおり、「全国一斉労働トラブル110番 ~ストップ!労働条件切り下げ、賃金未払い 全国の青年司法書士があなたの権利を守ります!~」を開催します。本110番においては、電話による法的助言をするにとどまらず、必要に応じて相談者の地元にいる当会会員を紹介し、継続的な支援(例えば、雇用主等を相手方とする交渉、訴訟等の法律行為、及び生活保護申請支援など)を行っていきます。
以上

 全青司の労働トラブル110番も今年で5年目を迎える。
 労働問題に取組む司法書士も増加しつつあり、全青司活動の成果を実感しているところでもある。
 今後は、労働相談への司法書士関与の在り方などの研究を深め、より実践的な活動を行っていきたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ