スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレサラ実務研究会IN神戸2010

 平成22年6月5日は、神戸において、全国クレジット・サラ金問題対策協議会主催によるクレサラ実務研究会が開催されたので、参加した。
 プログラムは、第1部として「多重債務問題と自殺対策」、第2部として「貸金業法完全施行後の多重債務者に対する法的支援の最前線」というテーマで、リレー報告が行われた。
 この実務研究会のテーマは、毎回、時事に沿ったものが取り上げられており、プログラムをみるだけでも、クレサラ問題の潮流を感じることができる。
 第2部のリレー報告で取り上げられた「信託譲渡」が、きわめて近い将来、貸金業者に対する大きな問題として、いよいよ顕在化するものと思われる。
 クレディアの再生申立のときから、問題視されていた過払債権の帰属という論点のほか、残高のある債権については一度信託譲渡した貸金業者には原告としての当事者適格があるのか、という問題も含んでいる。
 実務研究会では、この問題について、静岡(遠州浜松)の司法書士S氏も飛び入りし、壇上から問題提起を行われた。

 この実務研究会は、それぞれのテーマが最前線のものであり、実務に役立つという意義のほかに、参加するだけで元気が出るという効果もある。参加者が司法書士・弁護士だけでなく、被害者の会など、一般市民の方も、数多く参加してくださっているからだろう。


コメント

またしても

赤松先生、 登壇なさいました去年に引き続き、またしてもお目にかかれるチャンスをふいにしてしました。去年は、楽屋口まで参りました。もうお帰りになったよということでした。
 今年は、静岡会の先生にお尋ねしました。彼はものすごく忙しいから来ることができないかもしれないねということではありましたが、私のお探しする執念が足りませず私の努力不足です。嗚呼、ショック。

それは残念です。

 神戸にいらしていたんですね!

 700~800人くらいは、参加者がいたようですから、知り合いに出会うのすら、困難ですよね。

 消費者運動をやっていれば、必ずどこかの機会でお会いすることがでいると思いますので、次の機会を楽しみにしています!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。