非正規労働者の権利実現全国会議

 非正規労働者の権利実現全国会議「どうなってるの!?民主党政権~派遣法改正案を斬る~」が、平成22年4月16日18時30分から20時30分まで、東京・お茶ノ水・総評会館で開催されたので参加した。
 参加者は90名を超えた。派遣法改正案が、いよいよ国会で審議されはじめ、成立が間近となった、この時期に非正規労働者の権利実現全国会議が開催されるのは、誠に意義深いことである。

 会議は、次の内容で進行した。
1、開会挨拶(有田謙司氏)
2、来賓挨拶(宇都宮健児日弁連会長)
3、講演「労働者派遣法「改正」案の問題点と抜本的改正の課題」(脇田滋氏)
4、コント「どうしてダメなの?事前面接」(劇団○○○○)
5、当事者報告 ① 日産の業務偽装(事前面接)
        ② 横川電気
        ③ 匿名シングルマザー派遣労働者
6、集会声明
7、閉会挨拶

 さて、今般の派遣法改正案については、登録型が例外的に許容される専門26業務の見直しが何らなされておらず、容易に脱法ができてしまう点、また、常用型の定義が定められていないため、登録型も該当し得る余地が十二分にある点、さらに、派遣先に対する団交応諾義務がないため、実際の職場のトラブルに対応できないおそれがある点などの諸問題があり、派遣労働者の保護という趣旨に照らし十分な内容ではない。
 とくに、派遣先に対する雇用申込みのみなし制度の創設は、派遣先が申込みをする労働条件が従前の内容と同一と定められているので、派遣労働者のときと何ら労働条件が変わらない上、雇用期間も有期とすることができるため、結局、雇止めとなるリスクがこのうえなく高い。
 また、専門26業務の雇用申込み義務に関して言うと、制限が撤廃され、改悪といってもよい改正案となっている。
 既に国会での審議が開始されているところであるが、今般の労働者派遣法改正案は、派遣労働者にとって、きわめて不十分な内容であるという認識を持ち、少なくとも上記のポイントの改善を早急に強く求めていくべきである。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ