静岡県司法書士会常任理事会

 平成22年2月23日は静岡県司法書士会において常任理事会が開催されたので、相談事業部担当常任として参加した。
 常任理事会では、昨今の司法書士を巡る不祥事を重く見て、日司連が制定した債務整理事件処理に関する指針よりも、厳格な債務整理事件処理に関する定めを、より実効力のある「規則」として制定することとなった。
 面談をしないで業務を受任したり、品位のない広告を打ったり、報酬の説明をしっかりしなかったり、過払いだけ受任して破産や再生事件は受任しなかったり、ということのないように規則を設けるわけである。
 いずれも当たり前のことであるが、それが一部において守られていないから、規則ができるわけであり、全国的にもみても、看過できない状況にあることは間違いがない。
 この時期、司法書士が自ら襟を正さなければ、市民の期待に応えることなど到底できないだろう。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ