スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野青司協定時総会研修

 平成22年2月13日は、長野の昼神温泉にて、長野青司協定時総会が行われ、同時に民法(債権関係)改正に関する研修が開催されたので、講師として参加した。
 参加者は、長野の司法書士20名ほどであった。
 3時間ほどの講義時間の中で、「司法書士からみた民法(債権関係)改正」というテーマで講義を行った。
 総論に1時間ほどの時間を費やし、各論については次のものに触れた。
1、意思能力の意義と効果
2、錯誤の効果
3、意思表示に関する規定の拡充
4、短期消滅時効の廃止と消滅時効制度の全般的な見直し
5、法定利率
6、債務不履行による損害賠償の要件
7、債務不履行による解除の要件
8、債権者代位権の制度の在り方
9、連帯債務者の一人について生じた事由の効力
10、保証人保護の拡充
11、債権譲渡の対抗要件

 なお、全青司民法(債権関係)改正対策委員会に、長野青司協前会長T氏とS氏から就任承諾をいただいた。しかしながら、懇親会の席上ということもあり、後日、心裡留保但書の主張がなされる可能性もあることを念のため付け加えておく。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。