スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日司連民事法改正対策部会開催

 平成22年1月12日は、日司連において、民事法改正対策部会が開催されたので、部委員として参加した。
 昨年12月より、法制審議会民法(債権関係)部会が開催されており、民法(債権関係)改正がいよいよ具体化しつつある。
 同部会の資料によると、債務不履行・解除などの履行障害についての検討からなされるとのことである。
 部会での検討テーマにそって、順次、日司連対策部の現時点での見解をまとめ、部会に提出することとなった。
 最終的には、部会より来年春頃を目安に公表される見込みの「中間的な論点整理」につき、日司連としての意見書を取りまとめ、内外に公表する予定である。
 
 ところで、報道によると、民法改正は、債権関係よりも家族法に関するものが先に国会に上程される可能性もある。
 債権関係だけでなく、家族法も注視しなければならない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。