労働審判を扱う裁判所

 最近、労働審判を利用する労働紛争を受託することが多い。
 正社員の解雇に関する相談が増えているためだ。
 労働審判では、柔軟な解決を図ることができるため、解雇の紛争で、相談者が復職に固執しない限り、原則として労働審判の利用を助言するようにしている。
 ところが、労働審判を扱う裁判所は、未だ地裁本庁のみである都道府県が多いようだ。
 静岡も、静岡地裁の本庁でしか運用がなされていないため、沼津に住む相談者は、片道1時間以上をかけて、静岡地裁まで出廷しなければならない。
 個別労使紛争の急増を受け、労働審判は、これからさらに多く利用されると思われるので、早急に地裁の各支部においても、運用を開始してもらいたい。
 なお、同様の意見は、各弁護士会からも多く出されている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ