スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期建物賃貸借

定期建物賃貸借につき、引き続き考えてみる。

 派遣切りの際に利用された「就職安定資金融資制度」では、6か月分の家賃が前払いで一括支払いされるが、その際に締結される賃貸借契約の中には、6か月の定期建物賃貸借契約が利用されているものもあることは既に述べた。
この定期建物賃貸借契約を締結すると、家主となる不動産賃貸業者は、6か月経過し、再契約するためには、家賃の滞納するおそれがなくとも保証人を立てなければならないと要求しているケースもあるようだ。
 そうすると、労金から一括で支払われる前家賃の期間だけは暫定的に住まわせてあげるけど、それ以降、身寄りのない人は出てってください、といっているようなものだと評価することもできる。

 さらに、注意しなければならないのは、今回の定期借家契約では、貸主のリスクは一切生じないということである。
 本来、不動産賃貸業を営む場合、家賃の滞納リスク等は考慮して商売をするわけだが、労金からの一括で支払わる分だけ期間限定で貸すのなら、貸主は100%リスク回避ができる。
 これは、不動産賃貸業として、健全な経営といえるのだろうか。

 定期借家契約を利用して、料金一括前払いの利益をあげ、期間経過後は、滞納リスク等をすべて回避する商売はおかしくはないだろうか?

 司法書士になったばかりのころ、「『おかしいものは、おかしい』と言うことができる。そこが司法書士の魅力だ。」と尊敬する先輩から言われ、私もそうなろうと心に決めた。
 
 少なくとも私は、上記のような定期建物賃貸借契約は、おかしいと思うのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。