法テラス沼津「法律扶助審査」

 平成21年7月9日は、法テラス沼津において、法律扶助の審査を行なった。
法律扶助とは、一定の資力を満たさない方を対象に、裁判費用等を法テラスが一旦立替え、受託弁護士・司法書士に支払い、その後、申込者が法テラスに対し、立替えられた費用の償還を長期分割で行うというものである。立替え費用自体、低廉におさえられており、生活に困窮する申込者が利用しやすいように制度設計されている。
 その審査を弁護士・司法書士が当番で行なっているのである。
 資力要件をはじめ、様々な事項をチェックしなければならない。審査する件数も相当ある。

 ところで、東京の司法書士が法テラス沼津を紹介するケースがあったという。
どのような経緯かというと、伊豆の南部に、東京のある司法書士からのダイレクトメールが投函されており、多重債務に悩む方が電話をすると、「貴方は破産したほうが良いかもしれない。法テラス沼津の電話番号をお伝えするので、そちらに相談してはどうか」と言われ、法テラスに辿りついたというのである。
 東京のある司法書士は、法テラスを紹介するために、わざわざダイレクトメールを自費で打ったのだろうか。そうではなかろう。ある種の事件を受任する目的でダイレクトメールを打っていたのだろうと容易に想像することができる。そして、破産や再生等のように、裁判所の手続になると、管轄の問題もあるので、途端に地元に振るのだ。放置せずに地元に振るだけ、まだましともいえるが…。
 それにしても、そんな仕事の執り方、恥ずかしくないのだろうか。

 やはり広告規制が必要なのかもしれない。

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ