クレディア(フロックス)110番開催

 平成21年6月14日は、静岡県青年司法書士協議会主催により、「クレディア(フロックス)110番~これでも再生した企業なのか~」が開催されたので、相談員として参加した。
 クレディアは再生計画認可後において、とくに共益債権の過払いについて大幅な減額を求めてきたり、残債務のある事案については分割払いに応じなかったり、という任意整理が難航する貸金業者となっている。
 クレディアは企業の存続を前提とする再生手続を利用し、今も事業を承継したフロックスが貸金業を営んでいる。このように再生手続を利用して存続している貸金業者が、他の貸金業者よりも利用者への対応が悪いというのは、おかしくないだろうか。特に、過払い債権者は、再生債権のカットという代償まで生じているのである。そのため、110番を通じ、これら対応の変化を求めたものである。

 さて、110番では、多くの事案が寄せられ、これから依頼を受けた司法書士が個別事件として対応をしていくとともに、静岡県青年司法書士協議会としても、クレディア(フロックス)等に対して、さらなる要望をしていくことになる。
 
 クレディア(フロックス)との協議は、まだまだ続きそうである。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ