スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯サイトの高額代金請求

 最近、携帯サイトの利用により高額な代金請求を受け、困っているという相談が非常に多い。
 最初は、懸賞サイトのアンケート等により、自らのメールアドレスを登録すると、出会い系サイトの無料ポイント付等の勧誘メールが頻繁に届くようになり、一度でも魔が差して無料ポイント分だけでも利用してみようとメールをしてしまうと、魅力的な異性から頻繁にメールが返ってくる。
 あっという間に無料ポイント分を消費しきってしまうと、相手から「利用代金は後で会ったときに支払うから、もう少しメールを続けよう」等という誘いがあり、それに乗ってしまうと、高額の代金振込みやクレジットカードによる代金支払いをするという事態になってしまう。
 利用代金が、数十万から、ときには100万円を超えることも珍しくはない。
 その支払いに困っていると、別の相手から「お金をあげる人を探しているのだが、どんな人柄か見きわめてからにしたいので、メール交換をしてほしい」等のメールが届き、藁にもすがる思いで、そのメールに返信してしまうと、結局、食い物にされてしまうということも散見される。

 このような携帯サイトの代金請求は、次の2つに大別することができる。

① 銀行振込等により、直接、サイト運営会社に代金を支払っているケース
② クレジットカードやコンビに支払いにより、決済代行業者を介し、代金を支払っているケース

 返還請求をなす法的主張をたてることは困難な事案が多いが、②のケースでは、カードの引き落とし等、決済までにタイムラグがあるので、事情によっては、代金の支払い拒絶が可能となる場合もある。
 また、レアケースではあるが、代金の返還までできる率も、①よりは、②のほうが高い。

 だからといって、決済代行業者が介入していること自体、素直に喜ぶことはできない。
 決済代行業者が存在しなければ、被害額が高額化することもないからだ。

 個品割賦販売も、割賦販売法改正によって、相当の規制がなされ、いよいよ施行の段階を迎えている。次は、クレジットカード、とくに、決済代行業者への規制を求めていく番である。




コメント

カード移行型発生の懸念・・

改正法が新設した適正与信義務も,ノンオンアス取引はまったくの蚊帳の外です。何らの登録もいらない決済代行業者が野放しでは,カード利用による悪質商法被害が広がることが懸念されます。
 また,難しいのですが,サイト事業者自体にも現行法よりも一歩も進めた規制が必要かもしれません。

例の件も、よろしくお願いします。

 たしかに、これからはクレジットカードの濫用による悪質用法被害に着目すべきですね!

 これからも、最新の情報交換をよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。