スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第3回保証被害対策全国会議」開催

 平成24年7月29日(日)13時から17時まで、名古屋(愛知県司法書士会館)において、第3回保証被害対策全国会議「保証制度に代わる保証機能について考えよう!~地域で保証人がいらないシステム作りを~」が開催されたので、幹事として参加した。
 参加者は、全国から、およそ65名ほどであった。日曜日の午後の開催としては盛況といえるだろう。

 現在、法制審議会で行われている民法(債権関係)改正に関する議論では、一定の例外を除き個人保証を廃止してはどうか、というテーマや、保証する債務額に比して資力のない方を保証人とするべきではない、というテーマなどが取り上げられている。
 住まい・介護・医療・教育・雇用などのセーフティネットにまで安易に保証人が求められることにより、社会的経済的弱者がセーフティネットから排除されたり、保証人紹介ビジネス被害が増加するなど様々な問題が発生しているのである。このような状況を踏まえ、同全国会議では、個人保証の原則禁止を求めているところである。
 今回は、セーフティネットの観点から、保証人制度の問題点について考えるとともに、実際に、保証制度に代わる保証機能を地域ぐるみで作られている伊賀市社協の実践的取り組みについて取り上げるものとされた。

 当日の次第は次のとおりである。
第1 開会あいさつ  弁護士 宇都宮健児氏(同会議代表)
第2 講演
  「保証人の法的整理と問題点について~地域で保証機能を考える前提として~」 弁護士 熊田 均氏
  「地域で保証機能を担うしくみづくり」に向けて~「地域福祉あんしん保証推進プロジェクト」・「地域福祉あんしん保証事業」の基本構想~」 伊賀市社会福祉協議会 事務局長 平井俊圭 様

第3 パネルディスカッション
  「保証制度に代わる保証機能について考える」
  コーディネーター 弁護士 平井宏和氏(同会議代表代行)
  パネリスト    弁護士 熊田 均氏
           伊賀市社協事務局長 平井俊圭様
           弁護士 辰巳裕規氏(同会議事務局長)
           弁護士 千綿俊一郎氏
           司法書士榛葉隆雄氏

第4 リレー報告
  ・保証に関するアンケート結果報告
  ・保証人紹介ビジネス問題
  ・奨学金問題
  ・司法修習生貸与制問題

第5 閉会あいさつ  弁護士辰巳裕規氏(同会議事務局長)

 今回のシンポジウムでは、伊賀市の取組みを中心に報告され、主債務者となる者(たとえば部屋の借主など)も保証人を見つけることができず、契約ができないことがあり、困っているケースが数多くあり、そのような状態を改善するために、地域ぐるみで保証人に代わる機能を創り上げていこうという取組みが紹介された。

 今までは、保証人保護という視点から、保証問題への検討を続けてきたが、主債務者も本来保証人に頼みたくないことが通常であろうし、地縁・血縁関係の希薄化によって、そもそも保証人を見つけられないということも多くなってきている。
 そうすると、保証制度は、保証人はもちろん、主債務者も望んでいない制度であるということができるだろう。
 さまざまな角度から、保証制度について考えることのできた充実した内容のシンポジウムであった。


スポンサーサイト

日司連民事法改正委員会の活動

 私が委員長を務める日司連民事法改正委員会では原則として2ヶ月に1回の委員会開催のほか、さまざまな事業を展開している。
 
 平成24年7月20日(金)には、日司連から出版予定の民法(債権関係)改正書籍の打ち合わせを執筆メンバーで行った。この書籍は、一般市民を対象にしたもので、10月末までの出版を目指している。とても分かりやすい内容になるので、ご期待いただきたい。
 全国の司法書士の方々には、この書籍を、各地で市民向け商工会向けなどのセミナーの教材もしくは参考図書として活用していただきたいという狙いもある。
 頒布価格は1000円を切る見込みだ。

 平成24年7月23日(月)には、新潟大学に行き、フランス担保法を専門にされている大澤慎太郎講師から保証制度に関するレクチャーを受けた。日司連では近々保証制度に関する意見書を公表する予定であるので、その最終打ち合わせも兼ねたものだ。フランスの比例原則は、法制審議会の部会資料でも取り上げられており、実務家にとって注目の制度だ。この制度はフランスでは2003年に一般法化されたが、大澤講師からは、その評価について、非常に的確なご意見をいただいた。新潟まで行った甲斐があった。

 このような事業のほかにも、当然ながら、ほぼ毎週行われている法制審議会の議事内容を継続的にフォローし、司法書士としての視点から意見を述べるべき論点をチェックしている。

 これからも集中して、民法(債権関係)改正関連に取り組んでいきたい。

【静岡県司法書士会有志】民法(債権関係)改正検討会(仮称)

 平成24年7月19日(木)18時から21時まで、静岡県司法書士会において、有志による「民法(債権関係)改正検討会(仮称)」が開催されたので、参加した。
 来春に予定されているパブリックコメントに対応するためにけっせ視された検討会だ。
 静岡県内の司法書士8名ほどが参加した。
 若手司法書士が座長を引き受けてくれ、非常に頼もしい限りだ。
 年内は月に1回、年明けからは月2回程集まる予定となった。

 検討会のメンバーを随時募集しているので、静岡県内の司法書士で希望者は気軽に参加していただきたい。
 次回は、8月22日(水)18時から、静岡県司法書士会で開催される。

 また、県外においても、既に同様の検討会が複数開催されているようだが、まだ開催されていないところにおいては、ぜひ開催することを検討していただきたい。

民法(債権関係)改正に関する対応

 最近、会務を民法(債権関係)改正に関するものに絞っている。
 私の能力では、とても他の事業にまで手が回らないことに気がついたからだ。
 
 司法書士登録後、頼まれた会務は全て引き受けるという信念の下、できる限り幅広く取り組んできたつもりであるが、法制審議会での議論を読み進めていくうちに、さすがに一本に専念しなければついていけなくなってしまった。
 とはいうものの、今までに取り組んできた会務は全て自分の糧となっているのは間違いない。
 登録間もない方は頼まれた会務だけでなく、頼まれてない会務まで積極的に引き受けることが重要だという考えに変わりはない。

 さて、最近は次のようなことがあった。
7月5日(木)には、日司連民事法改正委員会TV会議を実施し、保証制度に関する日司連意見の骨子をまとめた。これで、執行部に回付し、承認をいただいた後に公表することができる運びとなった。
 TV会議は、顔をつきあわせた会議で突き詰めた議論をするようなことはできないが、それでも自分の事務所で全国の司法書士と会議できるので、補強的に行う分には便利なものだ。

7月7日(土)には、明治大学「民法(債権法)改正の寄付講座」受講した。今回は、債権者代位・詐害行為取消、債権譲渡と、司法書士にとっても非常に関わりの深いテーマであり、興味深かった。
 いずれのテーマも「登記」に大きな影響がおよぶことは必至だ。

 また、今後は、フランスの保証制度について勉強するために新潟大学の先生のところへ伺ったり、司法書士界内外に日司連民事法改正委員会の取組みを伝えるために座談会を実施したり、名古屋での保証制度シンポジウムへ参加したり、一般向けの書籍の執筆をしたり、来春の研修会の企画をしたり・・・など、あいかわらず、やることが山積みだ。
 やはり、当面は、民法(債権関係)改正への対応以外には手が回りそうにない。

プロフィール

赤松 茂

Author:赤松 茂
あかまつ司法書士事務所
静岡県沼津市下河原町48番地

【TEL】055-963-8002

【Mail】 quick-response@nifty.com

(平成26年5月に事務所移転しました。)

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。